splog

ギターやお絵描き、日々のちょっとした事など

きゃわわ天使☆ねこ

昨年のいつごろだろうか。物置に野良の黒猫が住み着いた。

猫の中でも可愛い猫だ。人間界で言うならば相武紗季さん。ご結婚おめでとうございます。

ここで一つ、僕の魂のラップを聞いて欲しい。

「僕の予想じゃだいぶ先 けれど今日入籍の相武紗季 そこらの男はライフなし 週刊誌さえ合図なし 文明潰えて狩り暮らし ちぇけら♪」

と、まぁ、話がずれたので元に戻すが、とにかく猫界の上位に入る可愛さなのだ。

うちの家族はみんな動物が好きなので、瞬く間にアイドルロードまっしぐら。そんなアイドル猫は僕たち家族に黒ちゃんと名付けられた。

とはいえ、うちは犬を飼っている。うちのお犬様も屈指の可愛さなのだが、黒ちゃんを見かける度に吠えかかってしまう。

なので家で飼うことはできず、とりあえず見守る程度だった。

そんな黒ちゃんはメスだったようで、昨年の春に赤ちゃんを産んでいた。

これまた可愛い。きゃわわ天使なのだ。しかも、そんな可愛い子ちゃんが4匹ほどいるのだ。

黒ちゃんにたまに威嚇されながらも、僕はたまに子猫を覗きに行っていた。

それからしばらく、黒ちゃん一家はいたりいなかったりしていた。夏になると姿を見ることもなくなってしまった。黒ちゃんを10月頃に何度か見かけることはあったが、それ以来見かけなくなった。

 

2016年になり、僕はもう黒ちゃんのことをすっかり忘れていた。

春に花粉に苦しむ、そんな例年の通りの春を迎えた。

そんなときだった。僕が家でぼーっとしていると、母親がこう言った。

「黒ちゃん帰ってきたみたいだよ!」

 

わお

 

わお!

僕は走って物置にいった。

昨年黒ちゃんのいた場所、そうダンボールの中を覗いたら黒ちゃんがそこにいたのだ。

相も変わらずかわいい。

黒ちゃんはダンボールの中で丸まって何も言わずにこちらを見ていた。

それから数日覗きに行った。餌をあげるのはまずいので、水をダンボールの近くにおいていた。

 

しかし、突然黒ちゃんはそこから姿を消した。

今回は早めのさようならだなぁ、と僕は少ししょげていた。

その3日後、いつものように犬を庭に放すと、物置へ駆け寄りワンワンと吠え始めた。

最初は鳥でもいるのかと思っていたが、いくらなんでも吠えすぎている。

様子を見に行くと、いつもとは違う場所にあるダンボールの中に黒ちゃんがいた。

暗くて目以外はよく見えなかったのだが、綺麗な黄色いあの目は黒ちゃんの目だった。

動くことなくじっとしていたので、おそらく妊娠しているのだろう。

その数日後、父は子猫の鳴き声を聞いたのだと言う。

しかし、覗いても子猫も見えないし、鳴き声も聞こえてこない。

 

そして今日、ダンボールの中に黒ちゃんがいないのを確認し中を見てみることにした。

なんと、今回は遠くからではなく近くからだ。

恐る恐るダンボールの上に乗っているものなどをどかし、中身がちゃんと見えるようにすると、そこには4匹ほどの子猫が。

きゃわわわわ!

きゃわわ天使は今年も無事に生誕していたのだ。

 

野良猫なので何をしてあげられるわけじゃないが、きゃわわ天使達には元気に育ってほしいと思うのでした。

 

では。

「スプーンのblog」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。